上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


先ほどは、東西戦の表面をお話ししましたが

今回の東西戦の勝敗はどこにあったのかな~と東西戦終わりで

ある意味の燃え尽き症候群的な私の私見を述べると

やはり、徳川家の前田家大殿凸を前田家が1度防衛しきったところだったかと

個人的には思っております。

戦功分析

これが戦功分析。この大殿凸時においてはかなり拮抗している戦功状態

その中で防衛しきったので、約10万の戦功を獲得
(※濃い部分の黄色は防衛しきったことから追加でGETできたといえます)

砦1つ分とはいえないまでもほぼそれに値する戦功となります。

大殿周辺を完璧に綺麗することなく攻略したのが、この結果を生んだのかと思います。

ただ、逆の立場になって考えてみます。

西軍は、1位の徳川家 7位の北条家 12位の柴田家

この戦力マップを考えると 徳川家としては決して持久戦にしたくなかったともいえます。

私が在籍する豊臣家と対面の柴田家のアクティブ率はある意味雲泥の差。

徳川家の前田家も休日などでアクティブが増えれば、実力者の集まり。

そうなると、一気呵成で墜落させるという大勝負をどこかでかける必要があったのでは?

と思っております。

反対に東軍は3国の連携を含めて、持久戦勝負。1つ1つの大殿砦攻略を着実に行い

相手アクティブさんの兵損をしっかりさせていきながら、加勢を一切許さない状況で落としていきます。

私が西軍に居たらどうしていたか・・・

私だったら前田家と豊臣家の連携をうまく行かせないことを最優先にし、

前田家の砦を全攻略が終わったタイミングで豊臣家側に押し寄せたら違う展開もあったのでは?と思っております。

そうすれば、豊臣の進行が止まる。少なくとも徳川大殿攻略に手が回らなくなるか

もしくはもっと時間がかかったはずです。

そうすれば、前田家の長曽我部応援もできない。

たぶん純粋な北条家と長曽我部家はイーブンか 若干北条家の方が上だったかと思います。

そして、徳川家のアクティブ率があれば柴田家とある程度連携すれば、

豊臣家の砦は半日あれば全墜落させることができたかと思います。

そうすれば、ラストは大殿勝負。

この大殿勝負を考えれば、徳川家の対前田家大殿 と 豊臣家の対柴田家大殿墜落は必至。

あとは、北条家単独もしくは少しの応援で長曽我部家の大殿を墜落させることをラストにできれば・・・

とまぁグダグダ考えてみましたが、

もしもというのはあとで何とでも言えるものです。

何がともあれ、 東西戦が楽しいと思えて終われていたらすべて良し。

参加した全アクティブがそうであれば(^^♪と心より思っております。

ちなみに、個人的には柴田家のネ○○殿、最初から最後まで戦い続けるプレイヤーを見て

最近話題の幸村みたいでカッコ良かった(*^^*)

1プレイヤーとして本当に凄いなと思います。

以上、だらだらと長文書いてみましたw本当には途中途中の絵があるとわかりやすいのだけど

そこまで頑張れませんでしたw


スポンサーサイト
2016_03_07


毎年恒例のインフルエンザを患いました。。。

一昨年は、インフルエンザ発症で

→ ixaのアカウント削除

去年は、インフルエンザ発症で

→ 戦国炎舞の隠居引退

今年は。。。

インフルエンザを患うと無性に何かをやめたくなる性分みたいです。

とりあえずねま~すΣ(゚□゚(゚□゚*)

2016_02_12


仕事の合間を縫ってフラッと入った映画館

すんごくいい映画に出会えました(◍•ᴗ•◍)

オススメ映画

心を高める=禅

登山
マラソン
座禅
経営



2014_10_03


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ixaer’s high 極の戯言

Author:ixaer’s high 極の戯言
合流凸

合成赤字悦

合戦報酬戦くじからの白枠

三合可憐


2期目 45+46鯖にてプレー
加藤家
モガレン所属
極(kyoku)と申しますm..m

お世話になった盟主様
45鯖 kanonさん
46鯖 幸さん

45+46鯖 引退

57鯖ふと復活 再起なるか

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。